Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価大学とは池田先生の弟子となる決意を固めた人間が来るところだ。

最近の創大生は甘えた奴が多い。創大は学会員さんのなかでも特別な存在だ。 池田先生、直結の弟子であり、池田先生と創立者と呼べるのは創大出身者だけだからだ。 だからそこでの人間関係も、信心の人間関係なのだ。 先輩のいうことは池田先生の言うことと同じだ。今、創大出身者のなかには、創価大学と創価学会は別だと言い張る大ばか者がいる。それは世間がおかしいから、世間に媚びているだけだ。 先生のお心を考えれば、創価学会も創価大学も公明党もすべてひとつなのだ。大体、組織の地区から創価大学に派遣されて、活動などしないで創大で学生時代を過ごす奴は退学処分にすればいい。 活動しない、先生を求めない人間は、開学の理念に合わない。だから入学試験にも信心を試験に入れておくべきではないか。未入信者や非活動者などは入学すべきではないし、させるべきではない。先生の手駒となるべき人間だけを入学させればいいのだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。